智育

英語教育

英語プログラム
当園では子どもたちが日々の生活の中で自然に英語に親しみ、コミュニケーションをはかる力を身につけられる事を目的として取り組んでいます。

みついしこども園の11年間(2才~小学校6年生)の英語プログラムは全国でも類を見ないほど充実しています。


日本語教育

物語・絵本の読み聞かせ、文字あそび、表現活動等を行います。

乳児の頃は、保護者の優しい笑顔と言葉(声)を感じ成長します。絵本の読み聞かせや素話などをゆっくりとした語りかけを行うことで保育者との信 頼関係が培われ、言語発達が促されます。

もじあそび・・・ 丁寧に字を書くことを身につける

正しい姿勢で、正しい鉛筆の持ち方で、集中し、丁寧に書くのです。物事を丁寧にすることは物を大切にすることにもつながります。この幼児期にものを丁寧に扱い、大切にする態度や習慣を身につけることが目的です。


英語プログラム

※H29年度の年少クラスより全インターナショル化を開始します。
(H29年度-年少、H30年度-年少・年中、H31年度-年少・年中・年長)


『International Class(インターナショナルクラス)』の目的

① コミュニケーションできる英語を身につける
・幼児期の生活体験を通して使える英語を身につける
・英語が好きになる

② 国際的な子どもの育成(立派な日本人の育成)
・英語指導を通して異文化を体験し、視野を広げる
・豊かな発想と想像力を育む
・積極的な取り組みと姿勢を育てる
・個性を尊重し、相手を理解し、思いやりを持って協力する子どもを育てる


Advance(アドバンス)

(対象:年中・年長)英語のスタッフが週一回20分のレッスン(Fun Fun English)を行います。

外国人スタッフは、当園の職員です。


Cyber Dream(サイバードリーム)

(対象:最年少、年少、年中Advance、年長Advance)聴覚、視覚を同時に刺激する音声と映像を使う新しい英語教育システムです。

毎日10分間行われることでより発音がブラッシュアップされます。


KIDS BOX

(対象:年少~小学6年生)Advanceクラスの在園児と卒園児の為の英語課外クラスです。外国人と日本人スタッフの2人で行われます。週1回40分~50分行われます。

ますます国際化する社会の中で、英会話の必要性が高まっていくことは言うまでもありません。
2008年度に小学5,6年生を対象に小学校の英語教育は始まりました。2011年度に「小学5年生から必修」となり、「小学3年生からの必修化」「小学5年生からの教科化」が2020年度に完全実施されます。KIDS BOXでは、子どもたちが英語に興味を持ち、国際感覚を培うための楽しい環境を提供し、ひとりひとりを大切に指導していきます。日本人スタッフが子どもたちのペースにあったレッスンプランを作成し、外国人スタッフが実際にレッスンを展開するという他のスクールにはない、きめ細やかなレッスンを行っています。
また、アメリカでの英語教育で取り入れられているフォニックスと言うシステムをレッスンで実践し、丸暗記ではなく自然に英語が読めるように、コミュニケーションできる英語の習得をカリキュラムの柱としています。

※H29年度の年少の進級に伴い、KIDS BOXがFree Schoolに呼び名が変わります。
(H29年度-年少、H30年度-年少・年中、H31年度-年少・年中・年長)


Free School

(対象:インターナショナルクラス在園~小学6年生) インターナショナルを卒園された後のフォローとして、フリースクールを開講しています。身に付けた英語力を更に上達させるためのクラスです。曜日別に活動を決めて登録制で参加して頂けます。

現在、1〜6年生 70名が登録して学んでいます。特に月曜日、金曜日のクラスは、アメリカで第2外国語としての英語指導(ESLプログラム)を行っている指導法を取り入れ、日本にいながらアメリカのカリキュラムを受講できます。テキストは、日本では未発売のSADLIER OXFORD社(アメリカの教科書出版社)のものを使用しています。また、水曜日のクラフトクラスも、アメリカから直輸入した材料を使って個性あふれる作品を作っています。また、3年前からは明泉スタンダード教材(GrapeSPEED)をレッスンの一部に導入するなど、カリキュラムの充実を図っております。